看護師 働きやすい職場

訪問看護のバイトについて

訪問看護の仕事は、看護というよりも、介護に近い業務内容だと思います。

 

訪問看護ステーションは増えてきているんですが、実際に働いている看護師や、希望する看護師はまだ少ないので、多くのステーションでは、スタッフ不足の状態です。

 

常勤として訪問看護で働く場合は、夜の電話当番の業務があるんですが、バイトやパートには、電話当番はなく、日勤の仕事のみとなります。

 

常勤に比べると、働きやすい職場だと思います。

 

訪問看護は、患者さんの介護度に合わせて、訪問時間が変わります。

 

だいたい、30分から50分、長い場合には2時間くらいで1軒のお宅を回っています。

 

主な仕事は、患者さんの健康チェックです。

 

入浴の介助や、行為などの介護の仕事も多く、リハビリや創傷処置などの、看護の仕事も行います。

 

様々な疾患の患者さんがいるので、ある程度の経験のある看護師でないと、対応できないかもしれません。

 

実際に、どこの訪問看護ステーションでも、看護師の経験3年以上の方を求めています。

 

5年以上が条件という職場も多いんです。

 

訪問看護というのは、患者さんのお宅にお邪魔するので、入院している時には見られなかった面を見る事も少なくありません。

 

入院している時には、大人しかった患者さんが、自宅では、わがままだったり口うるさい事も、沢山あります。

 

さらに、ご家族に気を使う部分もありますね。

 

普段は、ご家族が看護や介護をしているので、そのプライドがあるのだと思います。

 

家庭によって、介護の方法も異なるので、戸惑う事もあるんです。

 

訪問看護の仕事は、常勤の場合、重いケースを受け持つ事が多いので大変です。

 

しかし、看護師バイトやパートであれば、比較的に軽いケースの受け持ちなので、落ちついて仕事ができると思います。