看護師 働きやすい職場

育児支援体制のある職場ってどう?病院独自の育児支援手当がついたり、家族看護休暇や家族休暇が貰えたり。育児に理解のある職場で働きたい!

病院勤務は、ママさんナースにとってはなかなか難しいと思われていますが、
私の働く病院にはママさんナースが沢山働いています。
ママさんナースが病院勤務ができるのは、育児に対する支援体制が整っているからなんです。
最近は、子育てをしているママさんナースでも安心して働く事ができるように、
支援体制を整えている職場が増えてきています。
そうする事で、看護師不足を解消する事にも?がっています。(^^)
この病院には、院内保育園が設置されていて、育児休暇や育児時間を利用する事ができます。
職場の中には、いくら育児時間や育児休暇があっても、スタッフ不足を理由になかなか使わせて貰えない、
というところもあります。
それでは、全く意味がありません。
でも、この職場は、しっかりと使う事ができるんです。(^_?)

 

育児時間というのは、子供が3歳になるまで利用する事ができで、1時間遅い出勤時間か、1時間早く帰宅するかの、
どちらかを選ぶ事ができます。
そして、育児休暇というのは、子供が1歳になるまで利用する事ができます。
このような制度があれば、出産後に育児に専念する為に、退職する必要がありません。
そして、子供を院内保育園に預けて働く事ができるので、夜勤も可能です。
だから、小さい子供がいても常勤で働く事ができるんです。(^0^)
それに、家族看護休暇や家族休暇もあるので、子供が入院した時などに使う事ができます。
このように子育てに対する十分な支援体制があるから、ママさんナースも働く事ができるんです。
このような職場がもっと増えてくれる事を期待しますね。
そうすれば、働き盛りの中堅看護師が、子育てをしていても現場で活躍できるので、
病院側にもメリットが沢山あると思います。