看護師 働きやすい職場

看護師のお礼奉公ってどんな感じ?病院付属の看護学校ってどんな感じ?

私の進学した看護学校は、病院付属の看護学校でした。

 

ですから、お礼奉公があるんですf^_^;

 

うちの看護学校に入学すると、全員強制的に学校の奨学金制度を受けます。

 

毎月3万円の奨学金を3年間受けるので、約100万円ほどの奨学金を受けることになります。

 

その奨学金を使うか使わないかは、個人の自由です(´・Д・)」

 

お礼奉公が嫌だからと、返済出来るよう手をつけずにおく人もいます。

 

しかし、お礼奉公をしなかった場合、違約金が発生し奨学金を借りた分に上乗せされるため、貯めていた分だけは返済出来ないんです。

 

例えば、3年間は働きたくないけど、とりあえず返済が少しでも減るように1年間だけ働いたとします。

 

1/3くらいは減ったかな…と思いますよね。

 

ところが、1年目、2年目ってほとんど減らないシステムなんです。

 

それに違約金が発生するから、1年で退職した場合は、100万円近く支払う羽目になっていましたね( ;´Д`)

 

だから、何がなんでも3年間は働かなきゃと、みんな必死でした。

 

 

しかし、非常にハードな病棟が多く、暗黙の了解で出産は2人まで…などという決まりもあり、3年間働いたあとは退職するナースが多かったですよf^_^;

 

最近では、そういったお礼奉公の為の強制的な奨学金制度ではなくなり、奨学金を受けるか受けないかの選択も出来るようになったらしいです。

 

お礼奉公は、私たちの卒業後数年でなくなったそうです。

 

病院付属の看護学校は、お礼奉公で代々付属の病院に就職していますから、上下関係も厳しいですね。

 

とくに、看護実習ではいずれ即戦力となってすぐに働けるような指導がされますし、厳しく指導されます(・_・;

 

市内の病院では、内部の先輩後輩の厳しさでは有名でしたが、後輩の指導が行き届いていると患者さんからは評判が良かったようですね(^o^)